アメリカ小学算数3年 掛け算:九九がないアメリカ

日本では小学校2年生で九九を覚えますね。

掛け算は英語で multiplication(マルティプリケーション)といいます。

アメリカでは3年生で掛け算を勉強します。2年生から掛け算に触れて、3年生で本格的に勉強するという流れです。

でも、アメリカには九九がありません!

どうやって覚えるのでしょうか??

Multiplication Tableを覚えるアメリカ

息子の小学校でボランティアに入った時、ちょうど掛け算の授業をしていました。

3×5をどうやって子供たちが解いていたかというと・・・

3, 6, 9…と順番に3を足していって、5個目の数字15を答えの欄に書き込むというやり方です。




やり方としてはもちろんあっていますが・・・恐ろしく時間がかかりますね💦

子供達はこのMultiplication Tableというものを書きながらひたすら覚えていくのです。

結局、九九も同じように暗記をするわけなんですが、語呂が良く覚えやすくなっている点が大きな違い。

私がこちらでやっている塾(アカデミー)でも、日本の子供達には九九を覚えさせています。

日本が誇る「九九」の勝ち!

 

ちなみに、アメリカの子供達、授業中にカーペットに寝っ転がりながら掛け算のプリントを解いていました。

自由すぎる・・・。

関連記事

  1. 子供向けプログラミング~9歳からはじめるPhython(パイソン)ター…

  2. アメリカの子供のスポーツ事情~文武両道があたり前~

  3. アメリカの学校のお迎えの様子

  4. アメリカの子供たちも使っている!英語のプリントをダウンロード

  5. ホームスクールの始め方

  6. スペリングビー(英単語力を競う大会)の結果やいかに・・・

  7. ホームスクールのやり方②カリキュラムの組み方

  8. ロサンゼルスの小学校 日本との5つの違い

最近の記事

  1. ブログ【リア家の日常】

  2. アメリカ教育事情

  3. アメリカ教育事情