英語の作文(ライティング力)を伸ばすには

子供に勉強を教えていて、一番悩ましいのが「作文」という親御さんは多いのではないでしょうか?

我が家の場合もそうです。



特に、文字を書くのを面倒くさがる男児の場合・・・悩ましい問題です。

日本語の作文であれば「こういう流れはどう?」「こういう表現もあるね?」とある程度ヘルプしてやれるのですが、
英語となると、私自身も「うーん・・・・」となってしまうのでますます悩ましいのです。

 

しかし、なぜ「う~ん・・・」の状態になるか考えてみると原因は明らかで、

「構成の仕方がわからないから」
「表現の引き出しが少ないから」

ということになります。

 

作文に不慣れな子供たちは、これとまったく同じ状況なのでしょう。

ならばこの問題を解決すればライティングが上達していくはず!!

と思いませんか?

ライティング上達のステップ 「文章構成のパターン➡表現力アップ」

まず、ライティングが苦手、書くのが苦痛・・・という場合、

その一歩を脱するには、

「文章構成のパターンを身につける」

ことが有効です。

日本語の作文で「起承転結」といわれるように、英語のライティングでも「起承転結」のパターンがあります。

 

【英語のライティング 文章構成】

Introduction (導入)

Body(本体)

Conclusion(結論)

 

の3部構成です。

まずはこの3部構成を意識して、Introduction -> Body -> Conclusion と流れにそって書くことが大事です。

そして、ここで一番大切なのは「Conclusion:結論」です!

実は、この結論がなんとなくぼんやりとしているがために、書いていくうちに話がそれたり、何がいいたいのかよく分からない文章になってしまうのです。

まずは「結論」をびしっと決めてしまいましょう。

 

では・・・

題目「あなたの一番好きな休日の過ごし方について書きなさい」

例えば、このようなありがちな題目で、だたなんとなく書いていくパターンでは、

「ディズニーランドに行くのが好き。ディズニーランドの好きな乗り物は、ビッグサンダーマウンテンと・・・。この前家族でディズニーランドに行って、とても楽しかったです。」

のような文章になりがちです。

小学生なら別に悪くはないのですが・・・もう少し構成がすっきりしたものにしたいですよね。

これをIntroduction -> Body -> Conclusionを意識して書きます。

まずはConclusionありきです。

この場合「ディズニーランドで過ごす休日が一番好き」が結論(言いたい事)です。

Introduction=導入=何について書くのか読み手に知らせるパートですので、「僕が好きな休日の過ごし方はディズニーランドで遊ぶことだ」となります。結論パートとほぼ同じですね。

書き出し➡本文(詳細説明)➡結論、とはさみっこにするわけです。

 

<Introduction>

僕の好きな休日の過ごし方はディズニーランドで遊ぶことだ。ディズニーランドは夢の国、僕はそこで1日夢の時間を過ごす。

<Body>

ディズニーランドの好きな点の描写

<Conclusion>

こんな楽しい1日の過ごし方はほかにない。だから僕はこの夢の国で過ごす休日が一番好きだ。

 

 

どうでしょう?これだけでずいぶん流れがはっきりした作文になりませんか?

この3部構成を身につければ、どんな題材でも文章構成が決めやすくなるので、「あ~何から書けばいいの~??」という苦境を脱することができます。

あとは、書き出しに「読み手の興味を引くようなhook(フック)を使う」などの色々な技巧はありますが、まずはこの3部構成を身につけるだけでグンと書きやすくなります。

表現力を磨くには・・・

これは、日本語についても同様ですが、上手な表現を見て、マネして、そして自分のものにしていくことです。

本はこうした表現の宝庫です!

ただ読むのではなく「上手な表現だ」と思ったところに線を引くなどして、少しずつ自分でも使えるようにしていけば力がつくでしょう。

アメリカの小学校のライティングの授業の一例ですと、

「動詞」や「形容詞」の表現をまなばせるために “say” “see” や “good” “bad”を使うのは禁止!

というものがあります。

安易にこうした言葉を使わずに、 “say” ではなく “shout(大声で言う)” “whisper(ささやく)” など

「どのように言ったのか」ニュアンスを含んだ動詞を使わせたり、

“good”ではなく”excellent” ”satisfactory”などの形容詞を使わせたりします。

こうした言葉は “good, synonym(類義語)”とググれば出てくるので、

一緒に調べてあげて、これが合うかな?あれがいいかな?と一緒にやるだけで、子供もやる気になったりするものです♪

一緒に本を読みながら、こうした表現の探しっこ競争(Sayの代わりにこの言葉を使ってる!goodの代わりにこの言葉を使ってる!)をするのも面白いですね。

 

まずは家庭で出来る事として以上の2点(文章構成パターン&表現力アップ)に取り組んでいくことでライティング力は伸びるでしょう。

かくいう我が家もライティングと格闘中です、はい。

関連記事

  1. アメリカの子供たちも使っている!英語のプリントをダウンロード

  2. 子供向けプログラミング~9歳からはじめるPhython(パイソン)ター…

  3. アメリカの学校のお迎えの様子

  4. 学年末には総合問題を解こう♪

  5. ロサンゼルスの小学校 日本との違い6つ目

  6. スペリングビー(英単語力を競う大会)の結果やいかに・・・

  7. 子供の頃からタイムマネジメント力を鍛えるカレンダー活用法

  8. ロサンゼルスで1年生 小学生の勉強時間は?

最近の記事

  1. ブログ【リア家の日常】

  2. アメリカ教育事情

  3. アメリカ教育事情