超名門ボーディングスクール Ten Schools(テンスクールズ)とは?

アメリカの超難関ボーディングスクール10校で構成される TEN SCHOOLS (テンスクールズ)という学校群があります。今後、アメリカ、いや世界で活躍するエリートを、学業だけではなく人間性も含めて総合的に育成する学校です。

ボーディングスクール受験には、エッセイや成績表や推薦状と、多くの提出物が必要です。これらの提出物を各学校ごとに管理するのは受験生にとって非常に大変です。自分が提出するだけならまだしも、先生、カウンセラー、知人から直接提出してもらう推薦状などは特に管理が大変です。そこで、この10校がグループを作って共通のシステムを使ってアドミッションプロセスを簡易化してくれています。

TEN SCHOOLS所属校は下記の通り(貯蓄額順)。どの学校も超名門です。

学校名生徒総数(4学年)寄付金貯蓄額
Andover Exeter Academy (エグゼター)約1100人約1900億円
Phillips Academy Andover (アンドーバー)約1150人約1700億円
Deerfield Academy (ディアフィールド)約650人約1200億円
St. Paul’s School (セントポール)約530人約1000億円
The Hotchkiss School (ホッチキス)約630人約730億円
The Lawrenceville School(ローレンスビル)約820人約690億円
Choate Rosemary Hall(チョート)約860人約590億円
The Taft School(タフト)約600人約420億円
The Loomis Chaffee School(ルーミス)約680人約370億円
The Hill School(ヒル)約540人約228億円

注目すべきはこの「寄付金貯蓄額」の豊富さ。卒業生からの寄付などが主な資源で、いわば学校の貯金ですね。貯蓄額が多いということは卒業生からの寄付が多い=社会的に成功している人が多い、寄付をしようという愛校心が強いなどのバロメーターかと思います。我が家が学校訪問に行った際は夏休み中でしたので、多くの学校では色々な改修工事をしていました。このプール資金から何億円も拠出できますから、アスレチック施設を大幅に改修したりダイニングホールを改修したり。多くが18世紀から続く伝統校ですが、最新の設備を備えていました。各学校のプロモーションビデオ、ぜひ見てみてください。すばらしい学習環境であることが分かると思います。

  • Phillips Exeter Academy(エグゼター)

  • Phillips Academy Andover(アンドーバー)

  • Deerfield Academy(ディアフィールド)

  • St. Paul’s School(セントポール)

  • The Hotchkiss School (ホッチキス)

  • The Lawrenceville School(ローレンスビル)

  • Choate Rosemary Hall(チョート) 

  • The Taft School(タフツ)

  • The Loomis Chaffee Scho(ルーミス)

  • The Hill School(ヒル)

日本のように偏差値があるわけではないので純粋に学力によるランキングというものは存在しませんが、Phillips系のAndoverとExeterは入学するのが最難関と言われています。

自分がめざしたい学校が絞れてきたら、次は受験手続に入っていきます。

関連記事

  1. ボーディングスクール受験3【SSATの受験】

  2. ボーディングスクール受験1【学校訪問】

  3. ボーディングスクール受験4【成績表・推薦状】

  4. 海外ボーディングスクール初めの一歩

  5. ボーディングスクール受験2【インタビュー】