自習すれば欠席が帳消しになる?!

ロサンゼルスで息子が通う公立小学校には、なんと

自習をすれば欠席が帳消しになる制度

があります!

え~びっくり!日本にはそんな制度ないですよねー。



Independent Studyと呼ばれている制度なのですが、5日間以上連続で欠席をする場合、事前に先生に依頼してその間自習すべき課題(ホームワーク)を出してもらい、それをこなして休み明けに提出すると、なんと欠席が帳消しになり出席扱いになるのです。

公立の小学校は生徒の数に応じて補助金をもらって運営していますが、聞いたところによると、この補助金が生徒の欠席日数によって減らされてしまうそうなのです。

しかしこのIndependent Studyを行えば出席扱いになるので、学校側もこの制度を活用してもらうと助かる、というわけで、先生もこころよく応じてくれます。

我が家はいつも「旅行」とか「日本の家族に会うため」とか、そういう理由でこの制度を活用しています。

時期はずれの旅行に行きたい場合、どうせなら5日間連続で休みをとれば前後の土日を入れて9日間になるので十分。

担任の先生と校長先生の承認でとれる最大日数は14日間(土日は除くので期間としては3週間弱)、それ以上の場合は学校区の担当者の承認がいります。

3週間弱もあればずいぶんとしっかり旅行にも行けちゃいますね。

今回も、高齢の祖母に会うという目的もあり、10月下旬にこのお休みを取得して日本に行ってきました♪

航空券もピークを過ぎて割安で、祖母を含め家族とゆっくり過ごせたし、学校で勉強する範囲は課題としてこなすので戻ってからも遅れをとりません。

双方にうれしい制度ですね!

関連記事

  1. アメリカの学校のお迎えの様子

  2. アメリカ 小学校の通知表をちょっと公開!?

  3. アメリカ小学算数:掛け算のやり方 【Partial Products】…

  4. 公立小学校を辞めました!

  5. ”~ times (倍)” だけど割り算?!の文章問題

  6. 小学生でレジュメを書く?! アピール上手なアメリカ人が育つ理由

  7. アメリカの小学校 理科の勉強

  8. STEM(ステム)教育 アメリカの公立小学校では…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ【リア家の日常】

  2. アメリカ教育事情

  3. アメリカ教育事情