アメリカの子供たちも使っている!英語のプリントをダウンロード

「英語を」勉強するためにも、「英語で」勉強することは有意義です。例えば、英語圏の子供たちなら当然知っている addition (足し算) subtraction(引き算)という単語。「英単語」として覚えようとしたら結構難しいし楽しくないですよね。でも英語の算数プリントには当然のように毎回出てくる単語です。そうやって実際に使う場面で実践的に単語に触れる方が定着しやすいですし、役に立ちます。

そこで今日は、アメリカの子供たちも使っているプリントを入手する方法をお教えします。



ぜひ、英語圏の子供たちが学習するプリントを使って「英語で」勉強する時間も作ってみてください。

幼稚園~小学校まで 学年ごとにプリントが豊富なEducation.com

Education.com

このEducation.com(エデュケーションドットコム)というサイトには、ダウンロード・印刷のできる教材がたくさん用意されています。

サイト左の「by Grade」で学年を選び、その下の「by Subject」で科目を選ぶと該当のプリントがたくさん見つかります。

科目は「Math(算数)」「Reading & Writing(英語)」「Science(理科)」「Social Study(社会)」など一通りそろっています。

サイエンスやソーシャルスタディは少し難しいと思いますが、簡単な算数のプリントを「英語で」解いてみる、という活用の仕方が出来ます。

簡単な算数の問題を「英語で」解いてみよう!

どうせ算数の勉強するなら、英語で書かれているプリントでやれば、算数と英語の両方の勉強が出来ちゃいます♪

例えば by Grade で1st (1年生)、by SubjectでMath(算数)を選んでみましょう。問題の指示が英語なので、そこもしっかり読むことがポイントです。難しい単語がある場合はママがヘルプしてあげてくださいね。算数には文章問題(word problem)もあるので、英語で問題を読んで答えるよい練習になります。

もちろん、英語のリーディング教材も豊富にありますよ。

無料で月に何枚かは利用できるのですが、すぐにリミットが来てしまうかと思います。有料プランは月16ドルほどで、有料プランに入ればすべてのプリントがダウンロードできて回答も見られるので、まずは何か月かお試しでやってみてはいかがでしょうか?

「英語を」勉強するだけでなく「英語で」勉強することも、英語へのモチベーションを高める方法です。

アメリカの子供たちはこんな問題やってるんだ~、僕もできる!

そんな自信を少しづつつけていってあげたいものですね。

海外赴任前の準備にも、インターナショナルスクールの予習・復習にも活用してみてください。

関連記事

  1. 小学生でレジュメを書く?! アピール上手なアメリカ人が育つ理由

  2. 子供の頃からタイムマネジメント力を鍛えるカレンダー活用法

  3. スペリングビー(英単語力を競う大会)の結果やいかに・・・

  4. ロサンゼルスの小学校 楽しい遠足

  5. ロサンゼルスの小学校 日本との違い6つ目

  6. 子供の習い事「近所の高校でスイミングレッスン」

  7. 子供向けプログラミング~9歳からはじめるPhython(パイソン)ター…

  8. アメリカ小学算数:掛け算のやり方 【Partial Products】…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ【リア家の日常】

  2. アメリカ教育事情

  3. アメリカ教育事情