読み聞かせが大成功 効果はこんなにもすごかった!

 

子供を本好きに育てられれば子育ての8割は成功

教育研究家の七田氏が言ったとされる言葉です。子育てに成功も失敗もないと思いますが、「本好き」になるということはそれだけ子供にとってプラスのことだ、という意味ですよね。

私も息子には「読書好き」に育ってほしいと思いました。

人生の中で人の会話・TV・映画などから得る情報もたくさんありますが、出版のために推敲を重ねて作られた本ほど美しい学ぶべき言葉が詰まっているものはありません。本を読むことで、他の人の人生を追体験できたり感動を味わったり悲しみを知ったり

読書の効果は計り知れません。

「学力」という意味でも文章を読み解く読解力があれば、国語はもとより算数の文章題も社会も理科も、様々な教科の学力向上に結び付きます。高額な幼児教育教材を買ったりフラッシュカードを使ったり、私はそういうことは特段しませんでしたが、子供を本好きに育てたい、幼児期はそれが一番大切だと思っていました。

話しかけが下手なら「読み聞かせ」で

私が読み聞かせをしていたもう一つ理由は、私自身かなり口数が少ないタイプだったという理由があります。

おしゃべりとは正反対の性格でしたので、特に子供がまだ言葉を話さない幼児期は、2人でいても、息子「アバアバ・・・(意味なし)」、私「・・・(笑顔で見てるだけ)」のようなシーンがたくさんあったのです。

他のママさんみたいに「〇〇してるの?すごいね~。えらいね~。ママびっくりよ~。」とスムーズに言葉が出てこないのです。そんな性格もあって、無理に語りかけようとするよりも「絵本を読んであげよう」と思ったのです。

語りかけについていえば、「3000万語の格差」という本の紹介文に“生まれた瞬間から最初の数年間に、親や保育者が子どもとどれだけ「話したか」ですべてが決まる” という衝撃的な(笑)事が書かれています。語りかけが苦手なママにとっては冷や汗ですよね。

もし、あなたも語りかけが苦手なタイプでしたら、語りかけの代わりに絵本に書いてある「素晴らしい言葉」を読んで聞かせてあげればいいのです。

読み聞かせの経緯

生後6か月から始めた絵本の読み聞かせ。昼間一緒に遊んでいる時や夜ベッドに入ってから、毎日数冊の絵本を読み聞かせていました。絵本は近所の図書館で借りてきたり、本屋さんで購入したり。男の子なので乗り物系が好きでしたね。全然おとなしく聞いてくれない日は途中でやめ、私が疲れている日は無し、そんな緩い感じで続けて半年~1年ぐらいたつと、本が好きになってきた感じが出てきました。

我が家の場合、英語と日本語半々もしくは少し英語の方が多いぐらいの割合で絵本を読み聞かせていました。英語の絵本を読む方が私自身も新鮮で面白かったので、英語比率が少し高かったですね。

2歳、3歳…も緩いペースで続け、自分で読める文字が出てくるようになった4歳ごろには、少し読ませてみたり。文字が読めるようになってきたら、ますます読み聞かせが楽しくなります。今までママが一方的に読んでいたのが、交代交代に読んだり、子供に読んでもらったりできるようになっていきます。4歳、5歳ぐらいで「読み」にチャレンジするのにおすすめなのがオクスフォードリーディングツリーです。(参考記事:おすすめ英語絵本オクスフォードリーディングツリー

5歳でアメリカに渡った頃には、オクスフォードリーディングツリーのステージ2ぐらいが読めていたと思います。

読み聞かせの効果は・・・

かくして、ゆる~いけれども途切れずに読み聞かせを続けた結果

念願かなって息子は大の読書好きに育ちました

朝起きたらすぐに本を手に取ります。私が朝食の準備をしている間、一人静か~に本に夢中。朝ごはんを出しても読み続け「早く食べちゃって」と言われながらも読み続け、「もう本読むのやめないと遅れるよ!」とせかされて慌てて学校へ。毎朝こんな感じです。

ジャンルは、男の子なのでアドベンチャー系が好きですね。7歳の終わりに分厚いハリーポッターシリーズを読破しました。ご存知の方も多いと思いますが、字が細かくて相当分厚いです。毎日毎日飽きずに読み進め読破してしまった後も、時折引っ張り出しては何度も読み返している大好きなシリーズです。

これで子育て8割成功なのかといえば全くそんなわけはありませんが(笑)、学力にも好影響を与えているのは確かです。

全米トップレベルの英語読解力

「読み聞かせ」が学力へどう波及したかと言えば、日本人家庭で育った息子が渡米後たった3年で全米トップ3%の読解力を得るまでになりました。これは学校で行われた読解力を測るテスト(おそらくコンピューターの試験)で実証された結果です。全米の同学年の子供たちの中でトップ3%に属するというレポートが出ました。

実は渡米後2年目のテストでもすでにトップ5%の結果が出ていたのですが、小学校低学年の子供が受けるテストなので偶然かもしれない、誤差もあるだろうしと思っていたのですが、翌年の試験でさらに上がって3%になったので間違いないと確信しました。

特別プログラムへの参加資格

また、Facebookのザッカーバーグ氏などが参加したことでも知られるギフテッド・タレンテッドの子供向けプログラムへの参加資格を得ることができました。これは英語と算数両分野で認められたので、リーディングだけにとどまらず算数にも良い結果を及ぼした証拠です。もちろん算数は学年先取りで学習を進めているのでその成果もありますが、それが出来るのは読書を通じて「思考力」が養われたからだと思います。

なお、「読書」と「読解力」「思考力」の関係については別記事で書いていますのでご参照ください。

 

読み聞かせをしてきて一番良かったことは…

教育に関心のあるパパママでしたら、色々な情報を入手されていることでしょう。

〇〇式の幼児教育とか、家庭でできる○○とか、フラッシュカードとか・・・世の中にはたくさんあります。

でも私はそういうファンシーなものは使ったことがありません。

「どんな教育法を一番おすすめするか?」と聞かれれば、声を大にして「読み聞かせ」と答えます。

ですから、これから子育てをするママたちにはぜひやっていただきたいと思っています。「読み聞かせをあまりしないまま子供が小学生になっちゃった…」と思っている方でも遅くありません。私は今でも読み聞かせをしています。英語は私よりずっと早く複雑なものを読めるようになってしまったので主に日本語の本ですが、今でも読み聞かせをしています。そしてこれからも続けます。反抗期になっても続けます。息子に読んでもらうのもありだと思います。交代交代に読むのもありだと思います。私の下手な英語の発音を息子に直してもらいながら読むのもまた楽しそうです。とにかく続けます。

なぜなら・・・「最も効果があった教育法だから」そして、効果うんぬん以前に「親子の貴重な楽しい時間だから」です。子供は、パパやママが読んでくれる「読み聞かせの時間」が大好きです。パパやママが楽しそうに読んでくれる「本」そのものが大好きになります。それが、子供に明るい未来をもたらすことでもあるならばやらない手はありません。ぜひ今日から始めてみてくださいね。

私が実践した日本人家庭でもできる英語勉強法、アメリカの教育事情、ロサンゼルスの日常など、最新情報をメルマガで発信しています。ぜひお気軽にご登録ください。

メルマガ登録はこちら

関連記事

  1. STEM(ステム)教育 アメリカの公立小学校では…

  2. 小学生でもできるプレゼンスキルを上げるコツ

  3. 英語苦手ママでもできる英語絵本読み聞かせの方法

  4. 英語プリスクールを選ぶ時のポイント

  5. 幼児英語教育のデメリット?

  6. 子供に英語で語りかけてはいけない?

  7. 読み聞かせ~読書記録を残すベストな方法~

  8. 幼児期に学んだ英語は忘れるか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ【リア家の日常】

  2. アメリカ教育事情

  3. アメリカ教育事情