英語苦手ママでもできる英語絵本読み聞かせの方法

読み聞かせの効果はわかった、さあ始めよう!とやる気になった時にふとよぎる不安・・・。

私の悪い発音で聞かせたら、変な発音で覚えちゃわないかしら??

もちろん不安に思いますよね。そんな時どうしますか?

ネイティブ並みに話せないママは英語読み聞かせをするべきじゃない?!

そういうことを書いている記事をよく見かけます。8年間自分で実践してこれ以上ないというほどの効果を得られた私としては「何てこと~?!」と憤りすら覚えます。でも大丈夫、心配しないでください。

事実、私は留学経験のない典型的な日本人で、発音は「R」やら「TH」やら頑張ってみたところで上手に発音できません。そんな発音の読み聞かせを聞いていた息子の発音がおかしいかと言ったら・・・全くそんなことはありません。リスニング力は、英語のテレビやDVD、もし通わせている方は英会話教室など、別の機会で養えるからです。ママの発音で読み聞かせ「だけ」をしていたら発音は似てしまうと思いますが、今のご時世、テレビで英語番組もあるしYouTubeで英語のアニメも見られますよね。「リスニング」は「リーディング(読み聞かせ・読解力)」と並行して、日本にいてもいくらでも養えられる力であり、この2つは幼児期からやっておくに越したことはありません。(リスニングについては「リスニングは幼児期からやるべき?」ご参照)

でも「読み聞かせ」の目的は英語のリスニング力を養うためではありません。「大好きなパパ・ママが読んでくれる英語の本」を大好きにさせることです。将来「読書好き」になるように手を引いてあげることです。ですから発音に臆せず読んであげることが一番大切なのです。

英語絵本の読み聞かせ 発音は気にしなくて大丈夫 リスニング力は別の機会に養える

 

 

とはいえ、ママの英語力も上がるチャンスですからせっかくなら上手に読みたいものですよね。気にしすぎることはありませんが、少し上手に発音したいと思うママはこちらを参考にしてみてください。

 「たった6個の正しい発音

ちょっとしたコツがわかりやすく簡単に書かれていますので気軽に試してみてください。これだけでずいぶん違うと思います。

1日何冊読めばいい?

具体的な方法に入りましょう。

「1日何冊読めばいいのかしら?」これも気になる所だと思います。

私の例でいうと「英語絵本を1日1~2冊、日本語絵本を1~2冊ほど、夜寝る前にベッドに入って読み聞かせ」していました。当時はフルタイムで仕事をしていたので、仕事の後子供を迎えに行って、夕飯を食べさせて、お風呂に入れて、少し遊んで寝る。そんな日々のサイクルでした。あたたかいベッドに入ってほっこりした気分になって絵本を読む、そういう時間が私もリラックスできて大好きでした。

ママが嬉しそうにしていれば子供もそういう時間が大好きになりますよね。楽しく本を読むというのが大事です。毎日絶対〇冊読むぞ!なんていう冊数目標など掲げなくてよいのです。1年で何百冊読まなきゃ!なんて気負ったりすると読むことが「義務」みたいになって楽しくありません。それこそ本末転倒です。1冊だって楽しく読めた方がいいのです。でもたいてい子供は「もっと読んで!」とせがむし、私の場合は眠気との闘いの末だいたい英語1~2冊で日本語も1~2冊ほど、という感じでした。

日中時間があるママは、お昼に読んであげたっていいし、外の公園で読んであげたっていいし。レストランで待っている間に携帯触らせるのではなく絵本を読んであげているママ…なんて素敵でしょう。

頻度はどれぐらい?

冊数目標はいらない代わりに「できるだけ毎日」はめざしたいところです。もちろん、1日や2日読まなかったからって何も起きやしませんが、毎日の生活の中で「習慣づける」ことが大事だからです。毎日ご飯を食べたり歯磨きしたりするのと同じように、日々のサイクルの中に「読み聞かせ」の時間を組み込むことです。

これから続くなが~い子育て、毎日一緒に本を読む時間が積み重なって、知らず知らずに大きな実を結びます。

英語絵本はどこで手に入れる?

英語の絵本って高いですよね。私は「図書館で借りる」のと「アマゾンや本屋さんで購入する」のを併用していました。図書館には種類がそれほど多くありませんがせっかくなら利用してください。そして気に入った本は購入しました。もしアマゾンでの英語絵本の購入の仕方が分からない方は以下ご参照ください。

 

アマゾンHPから「カテゴリー➡洋書➡Children’s Books」とクリックしていく。

 

左に年齢を選ぶ箇所があるので「Age Range」から適した年齢を選ぶ

 

「Baby~2歳」のレンジから息子が大好きだった本を一つご紹介

Where’s Spot? (スポットという犬を探すお話です。隠れていそうな場所がめくれるようになっているのでお子さんにめくらせてあげてくださいね)

 

絵本はすぐに読んでしまうし値段が高いので購入を迷うことが多いのですが、できれば購入することをお勧めします。私はアメリカに引っ越す際、本を最低限に絞って残りは処分してしまったのですが、全部持ってくればよかったな~と後悔しています。特に絵本には思い出が詰まっているからです。「この本よく読んだな~」と思い出がありますし、子供も今でも本棚から引っ張りだして絵本を読んだりしています。日本で処分してしまった英語絵本を、今になってアメリカのアマゾンで購入しなおしたりしています。定番人気絵本ってロングセラーなものが多いので、捨てずにとっておけば孫にあげたっていいですし。そうしたら「パパ(息子)はこのフレーズが好きだったんだよ」なんて孫との会話ができる日が来るかも…と妄想しちゃいます。

英語絵本の読み聞かせ、ママも子供も一生の思い出になる楽しい時間が過ごせること間違いありません。

私が実践した日本人家庭でもできる英語勉強法、アメリカの教育事情、ロサンゼルスの日常など、最新情報をメールで発信しています。ぜひお気軽にご登録ください。

メルマガ登録はこちらから

 

 

関連記事

  1. 読み聞かせが大成功 効果はこんなにもすごかった!

  2. 小学生でもできるプレゼンスキルを上げるコツ

  3. 幼児期に学んだ英語は忘れるか?

  4. 読み聞かせ~読書記録を残すベストな方法~

  5. 子供に英語で語りかけてはいけない?

  6. 幼児英語教育のデメリット?

  7. STEM(ステム)教育 アメリカの公立小学校では…

  8. 英語プリスクールを選ぶ時のポイント

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ【リア家の日常】

  2. アメリカ教育事情

  3. アメリカ教育事情