オンライン塾スタディバディとは

これまでロサンゼルスで小中学生向けの塾を開いていましたが、遠隔地に住む子供達にも授業の機会を提供するため、

オンライン塾スタディバディ(https://studybuddy.us) を開講しました。

アメリカ在住の子供達がAプラスの成績を取れるようにサポートするオンライン授業を行います。オンラインですので、日本でインターナショナルスクールに通う子供達、将来留学したい(海外で勉強や仕事をしたい)と考えている日本在住の子供達も受講可能です。アメリカの同年代の子供達が学ぶ内容を今から勉強しておけば将来留学する際に役立ちます。

【科目】英語・算数・国語 

授業料は月額60ドル〜。プライベート授業も行っています。ご質問・無料お試し授業のお問い合わせは下記までお気軽にどうぞ。

メール info@studybuddy.us

<英語>

読解力は全ての学問の基礎になる重要なものです。ネイティブ講師による授業では「読解力の養成」に力を注いでいます。「正しく内容を汲み取って読めているかどうか」先生と確認しながら読み読解力をつけていきましょう。将来受けるSATも多くが「読解問題」です。今からしっかりと読解力を養っていきましょう。

<算数>

アメリカのカリキュラムに沿って算数(Math)を学習していきます。小学校3年生頃から算数の得意・不得意が分かれてきます。算数は階段のように一段一段登っていくものですので、苦手意識を持たないように一つ一つの単元をしっかりと学習していくことが大事です。苦手な子が多い文章問題にも重点をおいて授業を行います。

<国語>

アメリカ在住で日本語補習校に通えない子供達むけにオンライン授業を行います。光村図書の教科書、読解ドリル、漢字ドリルを用いて授業を行います。現地校の学習に習い事など忙しい中でも週に1回でも日本語に触れる時間を作ることが大切です。オンラインですので送迎の手間もいりません。自宅でさっと学習しましょう。

<受講生の声>

N.I.(小4男子)⭐️⭐️⭐️ 私がアメリカ赴任時に小学校3年生だった息子は得意だった算数も英語で書かれているため文章問題が出来なくなり、徐々に苦手意識がついてしまいました。英語ができない分算数で自信をつけさせたかったのですが。そんな折、スタディバディに出会い、自信を取り戻してMathがぐんぐん出来るようになりました。近所に日本語補習校がないため国語も受講しています。漢字は覚えては忘れるの繰り返しですが、毎週授業を受けていることで徐々に記憶が定着してきています。授業では教科書の音読や解説もしてくれるのでとても役立っています。

Y.K.(小5女子)⭐️⭐️⭐️ 娘はダンスやピアノなど習い事で忙しい日々を送っています。近所の塾に通っていたのですが通いきれずにやめざるを得なくなり、途端に勉強時間が減ってしまいました。自宅ではなかなか勉強に身が入らず困っていたところ、スタディバディを見つけました。私も送迎の手間が減り大変助かっています。オンラインスクールといっても先生とすぐに連絡が取り合える点も大変ありがたいです。

S.Y. (小3男子)⭐️⭐️⭐️ アメリカで現地校に通っていますが、読書(特に英語)が嫌いな息子はリーディングが弱く困っていました。日本人家庭なのでボキャブラリーもなかなか増えません。スタディバディに出会ってネイティブの先生と一緒にリーディング問題を解くようになってから読解への抵抗がなくなってきました。授業に関して何か困ったことがあれば担当の方あてに連絡すればよく、私が直接ネイティブ講師とやり取りしなくて済む点も助かっています。

授業料は月額60ドル〜。プライベート授業も行っています。ご質問・無料お試し授業のお問い合わせは下記までお気軽にどうぞ。

メール info@studybuddy.us

 

 

関連記事

  1. 英語の作文(ライティング力)を伸ばすには

  2. アメリカ小学算数:掛け算のやり方 【Partial Products】…

  3. アメリカ小学算数3年 掛け算:九九がないアメリカ

  4. 学年末には総合問題を解こう♪

  5. アメリカの小学校で使っている算数の教科書 “Math in…

  6. 重要単元:小2から始まるFraction(分数)の勉強

  7. ”~ times (倍)” だけど割り算?!の文章問題

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ【リア家の日常】

  2. アメリカ教育事情

  3. アメリカ教育事情