読み聞かせ~読書記録を残すベストな方法~

今日のテーマは読書記録をどうやって残すのがベストか?

せっかく読んだ本の記録は残しておきたいですよね。特に子供と一緒に読んだ絵本には思い出がつまっていますから。

子供が読んだ本をずっと記録しておいてあげたら、本人が大きくなった時にきっと大切な想い出になるでしょう。「2歳の頃はこんな本を読んでたのか」「この本好きだったな~」なんてね。それに、ますます読書に親しみが持てるのではないでしょうか。

特に絵本だと1日に数冊読んじゃいますよね。私はよく図書館でまとめて借りてきていましたが、返却する時になって「これ面白かったからメモしておこう」、そう思ったのが読書記録を付けるきっかけでした。当初、私は絵本の表紙を縮小コピーしてノートに貼る方法で記録を付けていたのですが(絵本なのでタイトルだけではなく絵も残しておきたかったから)、手間がかかるので長続きしませんでした(笑)。

そして結局行きついたベストな方法は「アプリを利用すること」

そして見つけたこのアプリBookBuddy」

 

本の裏表紙についているバーコードを撮影すると、タイトルから筆者からサマリーまで自動で記録してくれるので手間いらず。読んだらバーコードを撮影して★の数をつけておしまい。あとから★の数の多い順にソーティングしたり、読んだ日時でソーティングしたり自由自在。

今は息子のために私がつけていますが、そのうち本人にやらせようと思っています。自分でやれば記憶に残りやすくなりますからね。

このアプリ、私はApple Store (アメリカ版)で入手したので、日本にもないか探してみました。そして見つけたのが

ブクログ 

BookBuddyよりもデザインがパステルカラーでかわいいですねー。

子供の読書記録をアプリで残す、これおススメです。

関連記事

  1. STEM(ステム)教育 アメリカの公立小学校では…

  2. 子供に英語で語りかけてはいけない?

  3. 読解力を養成する方法 「本好き」と「読解力」の関係は?

  4. 読み聞かせが大成功 効果はこんなにもすごかった!

  5. アメリカ算数の英語①「1の位、10の位を英語で?」

  6. 読み聞かせの効果が出ない…?

  7. 小学生でもできるプレゼンスキルを上げるコツ

  8. 幼児期に学んだ英語は忘れるか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ【リア家の日常】

  2. アメリカ教育事情

  3. アメリカ教育事情